わきが・多汗症のすべて >> わきが・多汗症の基礎知識 >> わきがとは

わきがとは

わきが・多汗症のすべてわきがの正式名称は「腋臭症」といい、脇の下から強い臭いを放つ症状の事をいいます。
脇の下にある「アポクリン汗腺」という部分から分泌された汗が皮脂の表面の細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。

汗を分泌する腺には、
エクリン汗腺
アポクリン汗腺
という二種類の分泌腺があります。

そのうちエクリン汗腺というのは、全身の皮膚に分布しており、特にワキの下や手や足のひらに多くあります。エクリン汗腺の汗の成分は、99%の水と1%の塩分でできていますので、臭いはほとんどありません。

一方、アポクリン汗腺は、ワキの下、乳輪、陰部、外耳道、臍など、身体の決まったところにしかありません。アポクリン汗腺の汗の成分はタンパク質、糖類を始め、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など、臭いの元となる物質が分泌されています。これは、粘り気のある乳白色がかった液体で、この汗の成分が細菌などによって分解されて臭いを発するものが「わきが」なのです。

皮脂腺について

皮脂腺は皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをするために、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌しています。
皮脂腺がなければ皮膚はカサカサ、になってしまいますが、逆に分泌量が多すぎれば、肌がべたついたり、皮脂の中には脂肪酸が含まれているため、酸化すると過酸化脂質となり体臭の原因にもなってしまいます。

ニオイについて

アポクリン汗腺から分泌された汗が、エクリン汗腺から分泌された、水分の汗によってワキの下全体に広がります。そこへ皮脂腺からの脂肪もまじわり、皮膚の表面に存在する細菌や雑菌類と一緒になり、細菌や雑菌類に分解され、臭いを放ち始めます。(この細菌は常在菌といわれるもので、肌に付着した異物や有害な雑菌を取り捕まえて分解してくれる、肌の健康を保護するためには欠かせない存在です。)

人種差

わきがは人種差が大きく、欧米人は70〜90%の人がわきが体質であるのに対し、日本人は10〜15%、中国人は3〜5%と非常に少なくなっています。

つまり、日常のこととして気にならない欧米人に比べ、世界中でも特に体臭の少ないと言われている日本人は、体臭に慣れていない為、いっそう臭いが気になってしまうのです。

遺伝

わきがは遺伝によっても左右されますので、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがである場合は約75%の割合で遺伝すると言われています。

アポクリン汗腺の活動は、思春期の頃から始まり、熟年以降、老化で衰えるまで続きます。

城本クリニックのポリシー

ゆっくり丁寧なカウンセリング

手術はもちろんのこと、カウンセリングにも充分に時間を取って丁寧に行います。
患者様のご希望お聞きし、納得をいただいてから手術を行います。

美容外科専門医による細やかなデザインと手術

『仕上がりの美しさ』を常に求めるため、専門のドクターが充分に手術の時間枠を確保し、
ゆとりをもって丁寧に手術を行います。

経験豊富な技術

当院は、これまで10万件以上の症例実績を持つ美容外科専門医集団です。
仕上がりの美しさを追求するべく日々研鑽に努めています。

アフターケアの充実

すべての患者様に満足していただけるよう、手術後のアフターケアまで、しっかりとサポート致します 。

美容外科25年以上の信頼と実績

城本クリニックは、経験豊富な医師が、安全を第一に考え施術を行っている美容専門クリニックです。
充分なカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整えることで、患者様の”安心”を重視した”あなたの身になって考える”美容外科クリニックです。

PAGE TOP